繁盛店経営を目指して13年
オフィス文福
呉服小売店 経営コンサルタント
呉服業界で積み重ねてきた経験を生かし、
売上向上を目指す小売店様を強力にサポートいたします。

経営コンサルタント 上田 文彦

(株)オフィス文福 代表取締役社長
1959年 京都市生まれ。
S58 国立小樽商科大学経済学科卒業後、住商テキスタイル㈱入社。
S62 家業の(株)ウエダカンに入社、会社経営のノウハウを学ぶ。その後 京都クリエイトに入社し本格的に経営コンサルタントの経験と実績を積む。
H17 妻の実家である福井県に拠点をおきコンサルタントとして独立。
H29 株式会社オフィス文福(ぶんぶく)を設立。

独立後13年間に携わった支援先は30社以上にのぼる。長年関わってきた呉服業界での経験を生かし、家族経営から大手チェーン店まで日本全国をとびまわり個々にあった経営支援を行う。

個別支援先とは別に開催している定期セミナー「繁盛店創造塾」では ”振袖から顧客化” をテーマに、連続17期 開催している。 

繁盛店創造塾はこちら ➔

お客様が求める店づくりを、とことん追求します。

家業の呉服卸商に続き、その後入社した大手コンサルタント会社も倒産。その度ごとに苦難を乗り越え培われてきたノウハウは、今まさに悩みを抱える多くの呉服専門店の強い支えとなっています。 弊社独自のサポート体制でしっかりと経営支援を行っていきます。

個別経営支援

どんなお店にしたいですか?最初にお聞きする項目です。この最もシンプルな目標に適切に到達できる方法をご提案いたします。マネジメントは「日々変化するマーケットに対応する」ことが必要。一方では、現在の主流のマーケティングを学び スピード感をもって実践することが必要です。
オフィス文福では、個々の課題を明確にし 得意先様の求める具体的手法をご提案させて頂きます。

「社員教育」「経営相談」「顧客管理」「催事の企画」ほか、呉服業界のネットワークと長年の経験で習得したノウハウにて しっかりサポートいたします。

社員

業績回復のキーワード

呉服が売れない時代となっても、消費者が ”その店(人)から購入したい” という心理は必ず生まれます。ひとりひとりのお客様を把握し売上の目標設定を自主的に設定、柔軟なアイディアをもって営業が行える社員を育てる。そして、経営者はそこに給与体系の改革を的確にマッチングさせる。
この「社員育成の重要性手法」こそが、多くの店舗様で証明された業績回復のキーワードです。

経営

投資に対する回収

専門店経営では「投資に対する回収率」が非常に重要です。これは「総資本対経常利益率=ROI」で示されます。 売上や利益だけを追うのではなく、総体的に経営を分析することで”本来あるべき姿”へ会社を導きます。この考えを導入することが ”見落としがちな負の数字を解消する第一歩”となります。今までの経験や情報をもとに、経営者様の方針に沿いながら より良い方向へのご提案をさせていただきます。

催事

綿密な計画と企画

催事やイベントは、お客様に ”ワクワクする特別な体験” をしていただく最も適した場です。 また 社員にとっても催事で得る経験は大きな自信につながります。 ただし、毎回マンネリ化せず催事を開催し続けるのはなかなか難しい課題です。
弊社では、過去のデータや多店での成功例を分析しながら経営者様の指針に合った「綿密な年間計画と質の良い企画」にて魅力ある催事を企画ご提案させていただきます。

支援先の成果

 

弊社の経営支援で業績をあげられた例をご紹介しています。

(社名や住所など特定できる情報の記載はありませんが、各店舗様から許可をいただき掲載させていただいております)

例1

〇売上不振が続く店舗

年商2億円

スタジオとレンタル業も営むが、催事のマンネリ化と顧客だのみの催事計画で売上不振が続く。新規開拓の型決めと新人採用を実施。新規開拓は振袖強化で行う。偏重していた従来の訪問作戦から 電話・手紙・訪問と流れをつくる手法を取り入れそれぞれに専門の担当者を決める。新人育成と並行しながら担当に合わせたノウハウ指導を行う。その年は振袖成約を約1.8倍に伸ばし再販率25%を達成する。ほかに固定化催事も導入。結果、在庫過多と資金繰りの悪化から脱却。社長の家業にかける情熱と粘り強さが大きな成功要因となった。
 


例2

〇地元密着の老舗店

年商5億円 

老舗ということもあり経営者は将来の後継者育成に主眼を置いていた。後継者が他店での修行を終え実家に戻ったタイミングで 弊社に支援要請があり契約。先輩社員が売上上位で、新人の育成に非協力的であったことが 業績が伸び悩む大きな課題となっていた。地元密着の利点を最大限に生かし振袖部門を強化。新人には、地道な積み重ねが大きな売り上げにつながることを理解してもらうため 成功事例に裏づけされた営業ノウハウを細かくアドバイス。社員の育成がひと段落したタイミングを見計らい、新しいやり方を導入しての超早期振袖作戦で業績UPに導く。今後はフォトスタジオ開設も視野に入れている。
 


例3

〇家族経営の中での進化

年商2億円 

先代から引き継いだ 親族での売上が高次元で維持できているが、今後 後継者のご子息が1人で売上を維持するのは不可能。そこで、新たに社員を採用し基本の事業形態を抜本的に改革することを提案。主に社員採用と教育、給与体系のノウハウ等をバックアップ。それに伴い「待つ営業から動員する営業」に舵をきり直し、顧客管理と維持のために着付け教室を充実させる。現在はフォトスタジオを併設した店舗に建て替え、振袖競合が激しい地域で売上を維持し続けている。
 


繁盛店創造塾(定期セミナー)

年間6回、2か月毎に開催している定期セミナーです。
販売促進、催事企画案、店舗見学など、回ごとにテーマを決め売上向上につながる具体的提案と指導をしています。

契約内容および契約料についてはお問い合わせください(年間契約)主な開催場所は 京都市内ほか首都圏。店舗見学地はその都度。契約料はセミナー料金のみ。交通費・宿泊費等は含まれません。

セミナーテーマ(実施例)

振袖

①年間振袖計画作成
②トークマニュアル
③販売戦略
④共同作成DM
⑤pontaカード連携名簿対策
⑥振袖新聞作成

店舗運営

①年間催事ダイアリー
②3か月計画作成
③稼働計画作成
④季刊DM「ちょっといい和」

成功事例報告

①振袖から固定化作戦
②各店成功事例
③共同作成DM

スタジオ運営

①前撮り相談会の行い方
②ロケ撮影事例報告

セミナー例1・店舗見学

繁盛店創造塾では、毎年 会員以外も含めた小売店様を訪問させていただいての店舗見学会を行っています。呉服業界ではなかなかできない「ストアコンパリゾン」を実施。地域性や顧客ターゲットなどそれぞれに違う環境で店づくりをしている他店を見学することは、改めて自社を冷静な眼で見つめ直す良い機会となります。ぜひ今後の店づくりにお役立てください。

セミナー例2・振袖企画

振袖は、商品パンフだけではなく 動員につながる魅力的なDMが必要です。1社で作ると高額になるオリジナルDMを、季節毎に共同企画として発表しています。さらに、名簿が少なくなっているなか いち早くpontaカードとの提携を実施し 毎年3回程度のDM発送を行っています。繁盛店創造塾では、単独店舗では難しい部分をお互いにサポートし合うための提案と実践をしています。

「繁盛店創造塾」次回スケジュール
日付 開催場所 セミナー内容

●2019年2月6日(水)
  13:00~17:00

京都 ・効果的 電話作戦のノウハウ

●2018年12月4日(火)
  13:00-17:00

京都 ・繁盛型店舗の基本
・年末年始にとるべき具体的対策
・ほか
     
     

会社概要

会社名

株式会社 オフィス文福(ぶんぶく)

本社所在地

〒918-8055 福井県福井市若杉4丁目206

〇きものカフェ事業部/文福きもの相談処(cafeおぶう)住所 本社同じ
〇京都倉庫/京都市下京区西洞院仏光寺下ル本柳水町767

代表者

代表取締役社長 上田 文彦

設立

・個人事業設立 2005年9月
・株式会社設立 2017年1月

取引銀行

福井銀行 三井住友銀行

コンサルタントのご依頼について

現在契約中の支援先様とのバッティングを避けるため、店舗所在地によってはお受けできない場合がございます。(本店所在地が同じ場合は不可となり、その他商圏が重複の場合はご相談とさせていただきます)
まずは、お問い合わせをお願い申し上げます。

お問い合わせ

この度はお問い合わせいただき、まことに有難うございます。
必要な項目をご記入の上「記入内容を確認」ボタンをクリックしてください。

※フォーム送信後2日以内に返信をさせていただきます。

お急ぎの時は、下記までお電話でご連絡ください。
TEL:090-7747-2583
(受付時間 9:00-18:00)